事務報告日記

レスキュー現場報告 CASE1 樋口隊員より⑤

6月8日 活動報告

AM8:58
若干フライング気味に堀動物病院さんに今から避妊手術お願いしたい猫がいるので預けてもいいか電話で聞くとOKしてくれたので母猫、子猫の捕獲器のまま堀動物病院へ

子猫だけ取り出しキャリーバックに入れ、入院手続きを終えそのままシェルターへ

捕獲器2台を借りて現場へ

タイムリミットは当日手術受付終了の11時まで2時間!
本命は子猫の保護ですが、もし大人猫が入ってしまったら2度捕まる可能性は薄いのでそのまま手術受付をしないといけないので…

とりあえず、前日のように捕獲器に唐揚げを仕掛け、一旦家に帰りケージに昨日ママと入ってしまった子猫を入れ、すぐ現場に戻る

現場『しーん』

まさか…寝てる?!
もしくは、親がいなくなりパニックになりどこか別の場所に行ってしまったか…

とても頭のいい子達だったので無闇に動き回ることはないと信じ、子猫を起こす為隠れているであろう周辺の木をガサガサ

しばらくガサガサに夢中になっていると視線を感じ振り返るとそこそこ近くにこちらをジーっと見つめる子猫ちゃん

あ、おはようございまーす
ささ!入って!

警戒しながらもやっとのことで子猫が入るが扉は閉まらない
子猫ちゃん顔パス状態

なぜなのか考える樋口

ヒント:子猫がウェットフード以外を食べているのを見たことがない

捕獲器を借りにシェルターへ行った時捕獲プロのお兄さんにたまに唐揚げに興味ない子がいるから奥にフードを置いて唐揚げにぶつかるようにすると扉がしまると教えてもらっていたはず!

それなら唐揚げでなくてもいいんじゃないかと思いつつ実践!
なんと子猫が小さすぎてぶら下がった唐揚げに頭が当たらない!おにーさーん!

AM10:10
焦る樋口

子猫が唐揚げを触ればいいんだと閃き唐揚げにもウェットをまぶしてみた

なんと1番警戒していた茶白くんが捕まりました

あと2匹!
2台借りてきておいてよかった!
茶白くんを家に連れて行き、捕獲器からケージに移し、空の捕獲器を積んでもう1度現場へ

車のまま捕獲器を確認すると捕獲器の中で暴れる2匹

また2匹!!

子猫がはいっているならケージを積み重ねるのは危ないと思い、もう1度家に戻り空のケージを置いてまた現場へ

AM10:52
捕獲終了

無事11時までに保護することができました

昨日
白いっぽい三毛

今日

黒多め三毛
キジトラ
茶白

アニマルエイドの保護猫として里親様を募集させていただきます
よろしくお願いします

お母さん猫を入院させてしまったので子猫がちゃんと餌を食べれるか心配してましたが全頭保護ができて安心しました

昨日の夜一晩中子猫を呼んで鳴いていたお母さん
入院まで現場に置いておくのは心配なので家の敷地に寒くないよう新聞紙で捕獲器ごとくるんで泊まってもらいました

自分のしていることをちゃんと理解する為に冷える夜でしたが、窓を開けてお母さんと同じ温度でお母さん猫の鳴き声を聞きながら寝ました(家族に迷惑)

明日退院後、元の場所に戻った時子猫はいない

その気持ちを想像すると胸が痛みます
しかし、外で子猫を育てるのは今回お母さんが先に捕まったようにリスクを伴うもの
お母さん猫は子猫の分の餌探しもしなくてはいけません

これからは自分の好きな場所でリスクをできるだけ回避しながら生きることができる

本当は怖い思いもせず、産まれた時から最後までずっとのおうちで生活できれば1番幸せだけど…

まだ若い体力のある外で育った大人の猫は完全室内飼育もストレスになると私は思います

いつ生殖機能が発達するかわからない子猫も今回保護し、この現場での繁殖の抑制になったと思います

ひとつひとつ考えて、躊躇して、悩んで時間のかかる樋口ですがこれからも不幸な猫が減るように活動していきたいと思います

つづく

レスキュー現場報告 CASE1 樋口隊員より④

6月7日 活動報告

午前中の堀動物病院の手術時間に間に合わなかった為、
他の餌やりさんが来る前の夕方6時から捕獲作業開始

現場に着くとさくら猫1号の白くん発見!
君は入るのやめてね〜

ママがごはんの匂いで出てきました
んー…やはりママか…
子供が心配になるので先は子供達がよかったのが本音…
捕獲器は一台しかないので大人が捕まったらその日の捕獲は終わりです
(子供なら一旦うちで保護して捕獲器を空にしてまた来るつもりでした)

1度は入ろうとしたけど入らずに捕獲器の周りをウロウロ

仕方なく捕獲器の中に入るママ

緊張の一瞬!
あーむっっ

餌だけ取られました(失敗)

急いでもう一度餌を買いに走る樋口

戻ると空の捕獲器に入ろうとしているところの子猫ちゃん発見!
え、餌いらなかった?

いやいや、私達が近づいたので逃げました

気を取り直してもう一度餌をセットして、ロックは解除ギリギリ少しの振動でも扉が閉まるように確認

やはりママ登場

さっき無事おいしいごはんを食べられたこともあり、スイスイ入るママ

カッシャン!!
今度は扉が閉まりました(成功)

暴れる2匹

………2匹?!

なんと後を付いてきた子猫も入ってしまいました∑(゚Д゚)

テンパってシェルター長に電話する樋口

その横でさくら猫1号白くん登場

『僕これ入ったことあるから開けれるよー!』

捕獲器をチョイチョイ

かと思いきや、捕獲器の中の餌を取ろうとしてるだけでした( ゚д゚)

白くんには用はないので餌をあげ、そのまま2匹を家に連れて帰りました

次の日の朝ママは手術へ
子猫ちゃんは保護となりました

アップルちゃんにそっくりですが違う猫ちゃんです
現場では鼻の下と餌やりさんに呼ばれています

明後日退院後なにも異常がなければリリースします

つづく

ペット捜索について

ペット捜索サービス

 

「ペット捜索」を始めました。
飼い猫が脱走してしまい、困っている方に少しでも力になりたいと願っております。

捜索時間 深夜0時から朝の8時頃まで
(終了後に進捗状況のご報告)
1日@18,000 18,000円(交通費別途)
2日 36,000円(交通費別途)
3日 54,000円(交通費別途)
  • 「費用が高い…」と思われる方もおられるかもしれませんが、深夜から明け方の作業は危険を伴う事も多々あります。
    派遣できるスタッフは極めて限られております(男性が向かいます)
    何卒ご理解をお願い申し上げます。
  • 可能ではあれば3日程度は必要です。
  • 3日以内に捕まらなかった場合は、捕獲機の無期限貸し出しや捕まるまでのアフターフォローをさせていただきます。
捜索ポスター貼り・ポストイン
御依頼主様の作成持ち込みポスター貼り・ポストイン 無料
ポスター作成・貼り・ポストイン×200枚 20,000円
その他応相談(ポスター剥し等)
  • ポスターに記載される連絡先はアニマルエイド事務局となります。
  • 特に完全室内飼育状態だった飼い猫が逃げた場合は、脱走後2週間程度は家の周りに潜んでいるケースが多いです。
    脱走してしまったら直ちの行動が重要です。
    家に戻れなくなり、次第に家の周りから離れていく傾向にあります。

まずはご連絡下さい。

個人譲渡会参加

LIST TOP仔猫名簿中猫名簿成猫名簿要治療猫名簿譲渡会参加中猫里親決定!

LIST TOP仔猫名簿中猫名簿成猫名簿要治療猫名簿譲渡会参加中猫里親決定!

レスキュー現場報告 CASE1 樋口隊員より③

アップルちゃんが出産した日、とても焦りました

思ったのは他の子の方が大きなお腹をしていたこと、
1匹は前日の餌を食べに出てきていたけど、もう1匹は出てこなかったこと

出産間近になるとごはんを食べなくなると聞いていました

その日の夜、現場にいくとママ達がごはんを食べに出てきました

ダメでした…

2匹ともお腹の皮が伸びて垂れ下がっていました

出産後でした
きっとパインちゃんと同じ誕生日の子猫が産まれたんだと思います

もっと早く行動を起こせなかった自分を悔みました

母猫だけが捕獲器に入ってしまったら乳飲み子達は飢え死にしてしまいます

空き家とはいえ、所有者のいる土地の中に入って子猫を探し回ることはできません

見つからなかったら…

しばらく捕獲はお休みせざるを得ませんでした

餌やりを続けてママ達の信用を得て、子猫を見せに来てくれるようになるよう通いました

 

5月26日
子猫が姿を現していると餌やりさんから連絡が入り、現場へいくと4匹の子猫が確認できました

思ったより大きく、元気に成長しています

私達は夜に餌をあげに行っていましたが、子猫が出てくるのは昼間のようでした

お母さんから人間に気をつけるように教育された子供達&この環境を生き抜いてきた賢い子達です

1番手前にパパ?が私達の動きを見張っていて、ママがその奥までウエットの塊を持っていき、ウルウル!と喉を鳴らす鳴き方をすると木陰から子供達が出てきて食べます

とても捕まえられません…泣

そして猫たちに信用してもらえてません…泣

しかし、離れた木の生垣の端に香箱座りで目を瞑ってコックリコックリしている子猫が…!

抱き上げるとそれほど抵抗することもなく捕獲できました

目は腫れて目ヤニが出て、くしゃみ連発しています
他の兄弟?よりとても小さく弱っています

家に連れて帰るとミルクをイヤイヤして、離乳食を与えると食べました

今も里親様募集している翠くんです

あの親達の兄弟なのか、もう1匹のママの子供なのか、誰かがあの現場に置いて行ったのかはわかりません

余談ですが、近くの大きい公園ではもっと沢山の猫がいて、そこでうまくやれない猫はこちらの現場に移動する男の人がいるとの情報も入っています

とにかく翠くんを助けることができました

 

つづく