単身世帯への譲渡について

近年、全国的に単身世帯、いわゆる「おひとり様」が世代を問わず増加しており、それに伴い、単身世帯の方からの里親のご希望も増加してきております。そのような方々より、他団体様に単身者であることを理由に断られた、という話もよく聞きます。今も一人暮らしの方が保護猫の里親様になる、というのは、なかなか門戸が開かれない現状のようです。

アニマルエイドでは以前より、一人暮らしの方への譲渡も行っております。
それは、猫を終生飼育していただくのに、単身者なのかファミリーなのか、というところは決めてではないと思っているからです。
もちろん猫を安心して飼うためのペット可物件、安定した収入、猫のお世話ができるだけの健康、などは絶対に必要条件です。
でも猫の寿命が20年と言われているこの現代、反して20年先のご自身の人生が保証できる方は、自分を含め、ほとんどいないのではないでしょうか?
今、結婚されている方でも離婚するかもしれない、死別もあるかも、お子様がアレルギー発症して猫を手放す人も珍しくありません。 
その他、転勤やご家族の急な入院、施設への入所、地震や火事などの天災人災、etc、etc…
ファミリーでもシングルでも猫にとっては、手放されるリスクは  変わらないと思います。
 今の生活環境、家族構成だけを問題にするより、家族として猫の最期まで寄り添っていただけるかどうか?予想される問題にどれだけ備え、対処していけるのかで、猫の幸せな生活は守られて行くと考えます。
もちろん里親様一人に全ての責任を押し付けるつもりもありません。基本的には里親様、ご親族の方やご友人のご理解と尽力をもって猫を守り抜いて欲しいと思います。それでもどうしようもない時、私達も一緒に猫を守れる最後の砦であるべきと思っています。そのために、ご相談は24時間いつでも可能、猫の後見人制度おばちゃん派遣、各種会員制サービス「アニマルエイド倶楽部」など、里親様と猫の暮らしをバックアップするためのシステムを充実させてきました。まだまだ皆様のお役に立てる部分はたくさんあり、譲渡したからそこで終わり、ではなく、皆様と共に歩み、仲間として共に発展していきたいと願っております。

他の条件は全く問題ないのに、単身者というだけが理由で里親のご検討をためらってしまっている方は、ぜひ一度保護猫カフェにお越しください。スタッフが親身にお話を伺わせていただきます。

なお、同様にお問合せが多い「トライアル」については、行っておりません。
そちらの詳細につきましては、こちらのページをご覧ください。