猫の受け入れの負担金の目安

※行政、警察署、消防署、その他公的機関担当者様で、置き去りなどの猫に関するご相談は、直接お電話を下さい

— 全て1匹の目安です —

【飼い主のいない猫の場合】

[条件1]月齢・年齢  
生後1日~授乳が必要な状態 10,000円
離乳~生後3か月前後 20,000円
生後3か月~推定1歳未満 30,000円
1歳以上 50,000円
   
 [条件2]予測される医療行為  
 くしゃみ、鼻水など、一般的な猫風邪程度  0円
 結膜炎で目が開かない、脱水、下痢、外傷があるなど、即通院要  10,000~円
 ウイルス検査などでキャリアまたは慢性疾患が判明している
(猫エイズや猫白血病キャリア、腎不全、肝不全その他)
 30,000~円
 交通事故などで意識がない、歩行困難または起立困難
ぐったりしている、流血がひどい外傷があるなど、重体
ただ、この状態は一刻を争います!
命を助けたいとお考えでしたらまずはご自身で動物病院へ連れて行って下さい
 50,000~円
 ワクチン接種、避妊去勢手術、寄生虫駆除、猫エイズ猫白血病等検査済みで
証明書を用意できる場合
 -2,000~10,000円

〇条件1と条件2を合計した金額がご負担の目安になります。
〇年会費3万円以上の会員様は減額または負担不要です。(各コースをご確認下さい)
〇シェルター内に空きが無く、すぐにお引き受けできない場合もあります。ご了承下さい。

 

【飼い猫の飼育放棄、飼い主死亡等による場合】

終生飼養費用の一部として年齢、状態にかかわらず 200,000円
※「猫の後見制度」契約中の方は全額免除です

 

  1. 上記金額はあくまでも目安です。
    猫の命を最優先にして個別にお話させていただきますが、実際にかかる経費のごく一部である事をご理解下さい。
  2. 生活保護受給者、いわゆるホームレスなど行政の保護対象の方は一部またはすべて免除になります。ご相談下さい。
    (秘密厳守いたします)
  3. 上記金額以外のご寄付、ご支援もありがたくお受けいたします。
  4. 分割や後日払いはお受けしておりません。
    今までも後日お支払い約束を反故にされた経験が数えきれないほどあります。
    自分は違う、信用して欲しいと皆さんおっしゃいますが、信用する根拠がないのです。
    (長年のご支援者様はもちろん別です)
  5. 短期で里親様が見つかり、実際に上記の経費が発生しなかった場合も、返金や次の子の受け入れの減額にはなりません。
    ご自身の持ち込んだ子の経費を負担するのではなく、シェルター内すべての猫の経費の一部を負担したとお考えいただければありがたいです。
  6. 基本的には猫はご負担金持参または振り込み確認後、シェルターまで連れてきていただきます。
    捕獲、搬送もご依頼の場合は「猫の便利屋」をご利用下さい。
    (所定の交通費、手数料等が発生します)
  7. 受け入れ手続き後の猫の返却、里親様に関する個人情報の開示はできません。
    受け入れ後にご自身で里親様候補を見つけて下さった場合も、通常の審査、譲渡手続きを受けていただきます。
    また、必ず譲渡できるとは限りません。